ぶらろりLOG

デザインやイラストの情報を中心にいろんな情報を発信します

けものフレンズ公式が発表も、意見食い違う。何が真実なのか?

f:id:blaroribrog:20170928030225p:plain

けものフレンズ公式発表

一連の騒動に対して、けものフレンズ公式サイトでカドカワからの言い分が発表された。

けものフレンズプロジェクトA   「けものフレンズ」に関しまして、すでに新規映像化プロジェクトの制作を発表させていただいておりますが、発表当初より同体制での継続か、新体制での新たな表現かも合わせて検討中で、現時点においてもまだ何も決定していない状況です。 そのような中、今年1月~3月に放送されたTVアニメーションと同様の体制を優先として、視聴者のご期待に沿えるべく調整をしておりましたが、アニメーション制作会社であるヤオヨロズ株式会社より8月に入った段階で辞退したい旨の話を受け、制作体制を一から模索することになっているのが現状です。   「けものフレンズ」は動物ファーストの理念のもと、関わってくださったすべての方々の手によってゲーム、コミック、アニメ、舞台と展開して参りました。広く門戸を開放し、理念に賛同していただける方々のお力添えをいただき、世界を広げていきたい。そのために誰のものでもないプロジェクトとして、動物のための「けものフレンズ」として活動を重ねて参りました。 しかし、アニメーション制作を担当していただきましたヤオヨロズ株式会社には、関係各所への情報共有や連絡がないままでの作品利用がありました。映像化プロジェクトとしては次回の制作を引き続きお願いしたかったため、情報は事前に共有してほしい旨の正常化を図る申し入れをさせていただきましたが、ヤオヨロズ株式会社からは、その条件は受け入れられないので辞退したい、とのお返事でございました。   「けものフレンズ」の映像化プロジェクトに関しては、上記のような経緯で一部滞っておりますが、「けものフレンズプロジェクト」は今後も御協力をいただく皆様と共に作品を守り、ファンを守り、動物たちのことをもっと知ってもらう活動をこれからも初志貫徹、続けていく所存です。映像化に関しましても、改めて、そしてできるだけ早くご報告できるよう進めて参ります。   今後とも様々な「けものフレンズプロジェクト」をよろしくお願いします。 けものフレンズ公式サイトより引用:http://kemono-friends.jp/archives/category/news/

 

カドカワの主張から生じる矛盾

カドカワの言い分をまとめるとこんな感じである。

たつき監督が8月に辞退を申し出た。

・ヤオヨロズが無許諾で2次創作を作っていた。 

 

しかし、これには3つのの矛盾がある。

1.たつき監督「降ろされた」カドカワ「辞退された」

まず、たつき監督は自信のTwitterで「ざっくりカドカワさん方面よりのお達しみたいです。」と発表している。

つまり、カドカワの方から切られたと主張しているのである。

これはカドカワの主張と完全に矛盾している。

 

2.カドカワ「無許可二次創作」たつき「許可はとっている」吉崎「自由に使って」

カドカワは、たつき監督が無断で二次創作を発表していたという言い分だが、これに関しても、たつき監督がコミックマーケットで販売したものには、「製作委員会許諾」と記入されていたようだ。

また、コンセプトデザインを担当した吉崎観音は「自由に作って良い」と発表している。 もっともおかしな点は8月に辞退したというカドカワの主張である。

 

3.カドカワ「8月に辞退」日清食品「9月にけもフレとのコラボ動画公開します」

9月に、日清食品けものフレンズのコラボ動画が公開されたが、この件に関しては必ずカドカワが絡んでいたはずで、カドカワ日清食品や間に立った代理店、ファンドにどういう説明を8月にしていたのだろうか。

 

これも日清が「ヤオヨロズ」に直接依頼をし、たつき監督が勝手に作ったものとでもいうのだろうか。   双方の主張が食い違い、事態の真相は謎のままである。

 

まとめ 

今回のカドカワの発表で、多方の主張が食い違う事態となった。

何が真相かはわからないが、今後事実が明らかになることを願うばかりである。